地域会ブログ 福島地域会

福島地域会 > 事業報告

講演会「福島復興の意味-私たちが主役の地域づくり-」(一般公開プログラム)

日時:2013年4月27日(土)14:00〜16:30
会場:コラッセふくしま多目的ホール
講師:内山 節 教授(哲学者)
出席者:70名

内山先生の著書「文明の災禍」に会員の多くが感銘を受け、昨年から福島での講演を打診してきたものが、今回実現の運びとなった。
すべてにおいて現実感のない現代社会の巨大システムから、等身大の世界を取り戻す必要性を先生が暮らす群馬県上野村とフランスのコミューンを引き合いに解説した。
一例を挙げれば、高齢者問題は数の問題として扱われがちであるが、それは太郎さん問題、花子さん問題として対処できる共同体が理想的。福島においても、寄り添う復興、支援が大切であり、だれもが役割を持っていて、生きがいのある社会を目指すべきとした。
フランスのコミューンの構成員は生きている人間のみであるが、日本の伝統的コミュニティは自然・生者・死者から成り立ち、合意を形成する手続きは複雑である。みんなが大事にしているもの(例えば祭り、年中行事)を核に、結び合う関係が主体になる社会を目指そうと、福島の復興にむけたエールを頂戴した。



Posted at 10:59  パーマリンク

全 2 件中 1 〜 2 件目を表示