地域会ブログ 宮城地域会

宮城地域会 > 事業報告

瑞巌寺 見学会

日 時:2014年12月6日(土)13:30〜16:00    
見学先:瑞巌寺
住 所:宮城県宮城郡松島町松島町内91
講 師:文化財建造物保存技術協会 酒巻仁一氏
参加者:46名

 伊達家の菩提寺として著名な国宝瑞巌寺の改修工事が終盤にさしかかり、年内にはシート撤去、足場解体が始まるということで、足場撤去前に、屋根、小屋裏等が間近に見ることができる日程で見学会をおこないました。今世紀中は見学できない貴重な機会となりました。
 巨大な仮囲いで覆われた本堂は7年前より解体修理がはじめられ、東日本大震災にも耐えて、あとすこしのところまで修理が進んでいました。
 最初に本堂の裏手にある埋木書院を見学させて戴きました。普段は入れない貴賓室ですが、欅の巨大な埋もれ木を使った一枚板の天井や床など、大変凝った造りとなっていました。
 本堂へは御成門から入らせて戴きましたが、現代では天皇陛下クラスの方しか通れない門を通り感無量。ここは基本的に白木の細工しかしない、シンプルで品の良い仕上げとなっていました。その後本堂内部を見学しましたが、耐震補強にはかなりの工夫が施されており、一部の壁にはアクリル板で補強した箇所なども見ることができました。
 その後足場を登って屋根の修復現場を間近に見ることができました。美しい屋根の曲線と丁寧に積み上げられた瓦に見学者一同感動しました。
 強烈な寒さの中で実施された見学会でしたが、一生に一度の有意義で貴重な機会となりました。ご参加・ご協力戴いた皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。


JIA宮城 事業委員長 櫻井 一弥
JIA宮城 保存再生研究部会長 氏家 清一



関連タグ:見学会 

Posted at 16:23  パーマリンク