地域会ブログ 宮城地域会

宮城地域会 > 事業報告

台原小学校総合学習支援「土鈴づくりと窯出し」

日時:2016年6月21日、7月12日
場所:台原小学校体育館
堤町まちかど博物館
講師:佐藤吉夫、佐藤明彦、建築と子供たちネットワーク仙台
参加者:小学3年生102名、教師4名、建築と子供たちネットワーク仙台5名、JIA宮城会員3名
協力:佐大商店、つつみのおひなっこや

かつて焼き物の町だった仙台市堤町を学区に持つ台原小学校の子どもたちが、堤人形作家の手ほどきをうけながら粘土で自由な形の土鈴を製作しました。その後まちかど博物館で、震災で壊れた登り窯の修復後の姿を見学したり、古い堤焼・堤人形を見て昔の暮らしに想いをはせ、焼きあがった土鈴の窯出しを楽しみました。


Posted at 16:22  パーマリンク

宮城地域会 > 事業報告

2016年度第5回見学会「ほし外科医院」

日 時:2016年12月 3日(土)13:00〜15:00
場 所:仙台市泉区南光台南3-4
講 師:新澤 悦夫
参加者:15名

JIA宮城の2016年最後の見学会は、移転新築による診療所の計画で、会員以外の一般を含め15名の参加者で開催されました。

見学に先立ち、既存診療所が「かかりつけ医院」として約40年地域のプライマリ・ケアを担ってきたこと。そこでは既に医師と患者・患者同士の「なじみのコミュニティ」が醸成されていて、特に毎日のように物理療法(リハビリ)に訪れるお年寄りには、居心地の良い「たまりの場」(サードプレイス)として親しまれていたこと。当然、新診療所でも「たまりの場」の設いが期待されたことなどが紹介されました。

平面計画の特徴としては、患者の待合空間が分節・分散配置され、自宅のリビングのような「なじみの広がり」へのスケール調整が行われたこと。
明確な患者動線とスタッフ動線の分離はもとより、新たな提案として、診察・処置・検査を繋ぐ内部動線により、待合室への経由なしでスムーズな患者の移動と多様な場面への対応の可能性などの説明を受けたのちに、見学会が自由見学のスタイルで開始されました。
見学途中で、個々に構造形式の選定や外観のボリューム構成、仕上げやディテールの仕様、色彩計画など多岐にわたる質疑をもとに、活発な意見交換が行われました。




関連タグ:見学会 

Posted at 08:51  パーマリンク

宮城地域会 > 事業報告

山元町立山下第二小学校見学会

日 時:2016年7月25日(日)14:00〜15:00
場 所:山元町立山下第二小学校
講 師:西村明男
参加者:64名

 山元町立山下第二小学校は、東日本大震災により被災した小学校の災害復旧工事です。新しく区画整理事業により生まれたつばめの杜地区の中心となる施設として、隣接する子育て拠点施設「つばめの杜こどもセンター」と併せて当社で設計しました。設計はプロポーザル時からアトリエ事務所であるSUEPとの協働により行っています。
 計画は、2階建の木造校舎であるということと、軽快な傘状の構造によるエコルーフに包まれた普通教室ユニットが大きな特徴となっています。児童にとって温かみのある豊かな空間づくりにつながればと考えました。
RCにはないヒューマンスケールのある仕上がりになっていた点については、見学にきていただいた方にもおおむね好評を得ていたように思います。
 室内においては各教室のエコルーフは最も特徴があり、その構造の考え方、換気の考え方や仕組みについては見学者の質問も多く、関心を集めていたようです。
 当日は雨にもかかわらず大勢の方々に見学に来ていただきました。外構工事については別途発注で工期が若干ずれているために外観はまだ工事中の印象ですが、隣接するつばめの杜こどもセンターのお披露目と重なりそちらも併せて見学していただくことができました。施設の中を走り回る地域の子供たちの笑顔が印象的でした。




関連タグ:見学会 

Posted at 12:37  パーマリンク

宮城地域会 > 事業報告

第29回ボウリング大会&ビアパーティー

日 時:2015年7月24(金)18:00〜22:00
場 所:ボウリング(ボウリングサンシャイン仙台)
ビアパーティー(アゲハダイニングラウンジ)
参加者:ボウリング 82名
ビアパーティー 86名

今年も昨年同様に多数の参加者のもとボウリング&ビアパーティーを開催する事ができました。
上位入賞者は以下の通りです。

団体戦              (HD込AVE)
優勝 構建築設計(事)       147.25
2位 松本純一郎建築設計(事)     142.50
3位 シリカジャパン、金華工業、菊池設計混成 138.67   
個人戦(男子)           (HD込トータル)
優勝 小山 一芳 [東北ユカダン]      322
2位 花形 政則 [(株)佐藤総合計画]  321
3位 徳田 伸治 [構建築設計(事)]   321
個人戦(女子)          (HD込トータル)
優勝 三浦 さつき[松本純一郎設計] 315
2位 加藤 綾  [建築工房DADA]    285
3位 小原 麻未 [松本純一郎設計] 270

熱暑の中、今年のボウリング大会は昨年同様にとても白熱し、昨年団体優勝した松本純一郎建築設計事務所の女性チームが今年も団体2位と大健闘しました。
今年もたくさんの協賛品を頂きまして、順位発表やじゃんけん大会では大変な盛り上がりとなりました。
また当日は佐々木文彦さんの誕生日だったということで、皆さんで誕生日をお祝いするというサプライズもありました。
来年もますます楽しい会になるようにバージョンUPしていければ良いと思います。
今回会員・協力会の皆さんからたくさんの協賛品の提供を頂きまして厚く御礼申し上げます。



Posted at 14:04  パーマリンク

宮城地域会 > 事業報告

第1回 JIA宮城見学会「尚絅学院中学校・高等学校」

日時:2015年5月23日(土)13:30~15:30
場所:青葉区八幡 尚絅学院中学校・高等学校
講師:山下設計 谷口 太郎、竹中工務店 山本 博章
参加者:52名
「学校法人尚絅学院中学校・高等学校新築工事」は、山下設計が設計監理したプロジェクトです。東日本大震災後の混乱の中、2011年より基本構想から着手、基本設計、実施設計を順次進め、2013年に11月に着工、そして今年5月に校舎棟の竣工を迎えました。今後、工事は旧校舎解体、その跡地に新体育館建設、旧体育館解体と2016年12月まで続きます。
まだ1年半の工期を残していますが、校舎棟竣工にあたり多くの皆様より見学会の要請があり、JIA宮城地域会のご協力を得て5月23日に見学会を開催し、52名もの皆様に参加頂きました。
まず、講義室で山下設計から設計主旨の説明、竹中工務店から施工上の工夫・配慮等の説明をした後、教室棟、礼拝堂、管理棟からなる5階建・11,600?の校舎を1時間かけてゆっくり一巡していただきました。見学した皆さんには、震災復興に伴う工事費高騰に対応するため棟や部位によってRC造、PCa造、S造を適材適所に組み合わせた構造や、生徒同士や先生とのコミュニケーションを促す空間づくりに興味を持って頂けたようです。また、礼拝堂(980席)では、各人思い思いに座席に座ったり舞台に上がったりと2層吹抜けの空間を体感して頂きました。
 まだ事業半ばですが多くの皆様に私たちの作品を見て頂きありがとうございました。このような機会を与えて頂いたJIA宮城地域会に感謝いたします。

JIA宮城 飯田太郎



関連タグ:見学会 

Posted at 15:45  パーマリンク

全 22 件中 11 〜 15 件目を表示 1, 2, 3, 4, 5

« 前の5件 次の5件 »