地域会ブログ 宮城地域会

宮城地域会 > 事業報告

「登り窯と堤焼・堤人形の見学会+焼き物体験」ワークショップ

日時:2016年6月25日
場所:堤町まちかど博物館/堤人形体験工房
講師:佐藤吉夫、佐藤明彦
参加者:JIA宮城5名、一般市民(子どもを含む)5名、建築と子供たちネットワーク仙台1名
共催:建築と子供たちネットワーク仙台
協力:佐大商店、つつみのおひなっこや

 仙台市内に唯一残る登り窯や堤焼・堤人形を展示する「堤町まちかど博物館/堤焼佐大ギャラリー」の震災後の復興の様子を見学したあと、堤人形作家の指導を受けながら焼き物の自由創作に挑戦しました。



Posted at 16:24  パーマリンク

宮城地域会 > 事業報告

台原小学校総合学習支援「土鈴づくりと窯出し」

日時:2016年6月21日、7月12日
場所:台原小学校体育館
堤町まちかど博物館
講師:佐藤吉夫、佐藤明彦、建築と子供たちネットワーク仙台
参加者:小学3年生102名、教師4名、建築と子供たちネットワーク仙台5名、JIA宮城会員3名
協力:佐大商店、つつみのおひなっこや

かつて焼き物の町だった仙台市堤町を学区に持つ台原小学校の子どもたちが、堤人形作家の手ほどきをうけながら粘土で自由な形の土鈴を製作しました。その後まちかど博物館で、震災で壊れた登り窯の修復後の姿を見学したり、古い堤焼・堤人形を見て昔の暮らしに想いをはせ、焼きあがった土鈴の窯出しを楽しみました。


Posted at 16:22  パーマリンク

宮城地域会 > 事業報告

2016年度第5回見学会「ほし外科医院」

日 時:2016年12月 3日(土)13:00〜15:00
場 所:仙台市泉区南光台南3-4
講 師:新澤 悦夫
参加者:15名

JIA宮城の2016年最後の見学会は、移転新築による診療所の計画で、会員以外の一般を含め15名の参加者で開催されました。

見学に先立ち、既存診療所が「かかりつけ医院」として約40年地域のプライマリ・ケアを担ってきたこと。そこでは既に医師と患者・患者同士の「なじみのコミュニティ」が醸成されていて、特に毎日のように物理療法(リハビリ)に訪れるお年寄りには、居心地の良い「たまりの場」(サードプレイス)として親しまれていたこと。当然、新診療所でも「たまりの場」の設いが期待されたことなどが紹介されました。

平面計画の特徴としては、患者の待合空間が分節・分散配置され、自宅のリビングのような「なじみの広がり」へのスケール調整が行われたこと。
明確な患者動線とスタッフ動線の分離はもとより、新たな提案として、診察・処置・検査を繋ぐ内部動線により、待合室への経由なしでスムーズな患者の移動と多様な場面への対応の可能性などの説明を受けたのちに、見学会が自由見学のスタイルで開始されました。
見学途中で、個々に構造形式の選定や外観のボリューム構成、仕上げやディテールの仕様、色彩計画など多岐にわたる質疑をもとに、活発な意見交換が行われました。




関連タグ:見学会 

Posted at 08:51  パーマリンク

宮城地域会 > 事業報告

山元町立山下第二小学校見学会

日 時:2016年7月25日(日)14:00〜15:00
場 所:山元町立山下第二小学校
講 師:西村明男
参加者:64名

 山元町立山下第二小学校は、東日本大震災により被災した小学校の災害復旧工事です。新しく区画整理事業により生まれたつばめの杜地区の中心となる施設として、隣接する子育て拠点施設「つばめの杜こどもセンター」と併せて当社で設計しました。設計はプロポーザル時からアトリエ事務所であるSUEPとの協働により行っています。
 計画は、2階建の木造校舎であるということと、軽快な傘状の構造によるエコルーフに包まれた普通教室ユニットが大きな特徴となっています。児童にとって温かみのある豊かな空間づくりにつながればと考えました。
RCにはないヒューマンスケールのある仕上がりになっていた点については、見学にきていただいた方にもおおむね好評を得ていたように思います。
 室内においては各教室のエコルーフは最も特徴があり、その構造の考え方、換気の考え方や仕組みについては見学者の質問も多く、関心を集めていたようです。
 当日は雨にもかかわらず大勢の方々に見学に来ていただきました。外構工事については別途発注で工期が若干ずれているために外観はまだ工事中の印象ですが、隣接するつばめの杜こどもセンターのお披露目と重なりそちらも併せて見学していただくことができました。施設の中を走り回る地域の子供たちの笑顔が印象的でした。




関連タグ:見学会 

Posted at 12:37  パーマリンク

宮城地域会 > お知らせ

リノベコンペ:公開審査結果

12月7日(水)せんだいメディアテーク1Fオープンスクエアにて開催いたしました「リノベコンペ −賃貸マンションリノベーション設計競技」公開審査の結果をお知らせいたします。

■一般部門(応募:11作品)
最優秀賞 永野 ますみ((株)構建築設計事務所)
優秀賞  佐藤 太一((株)建築工房DADA)
優秀賞  齋藤 和哉(齋藤和哉建築設計事務所)

■学生部門(応募:8作品)
最優秀賞 小野 翠花/五十嵐 愛美/打矢 陽/内海 遥/阿部 夏季(宮城学院女子大学)
優秀賞  篠原 裕貴(東北大学大学院)/谷津 健志(東北大学)
優秀賞  熊谷 佳奈/荒 さやか/小松 美憂/佐藤 陽(宮城学院女子大学)

審査員(敬称略)
審査委員長  安達 揚一((公社)日本建築家協会東北支部宮城地域会長)
審査員    都澤 篤志(マンションオ−ナー)
ゲスト審査員 長井 淳一((公社)日本建築家協会関東甲信越支部)


関連タグ:AW 

Posted at 08:56  パーマリンク

全 49 件中 16 〜 20 件目を表示 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7 ...10

« 前の5件 次の5件 »