地域会ブログ

宮城地域会 > 復興支援の取り組み

みやぎボイス2014 「復興住宅のこえ」

東日本大震災から3年、復興が本格化し、インフラ整備を中心に様々な事業が展開しています。
昨年の「みやぎボイス2013」からひき続き、被災地の人と専門家の連携から、共働・共創の復興を考える」という枠組みで、今回は“災害公営住宅”を中心に、“自立再建住宅”も含めた「住まいの再建から見る生活・暮らしの復興」をテーマに“みやぎボイス2014 復興住宅のこえ”を開催します。
住宅再建での課題・問題を共有し、改善・解決を目指した「復興住宅の姿」を共創するプラットフォームをめざします。

5月10日[土]─5月11日[日]
会場 せんだいメディアテーク1Fオープンスクエア

復興住宅の今を知る
5月11日[日]10:00 ─14:00
住まいの再興について特徴的な地域を抽出し、ジャンル横断的に課題・問題点を共有します。
復興を目指す半島部、平野部、中心市街地それぞれにおける特徴的な地域を取り出し、住まいの再建、まちづくりといった視点で、状況・課題の整理をおこないます。

復興住宅を共創する
5月11日[日]14:30 ─18:00
復興住宅に関わる3つの主体を取り上げ、それぞれの活動と課題を話し合い、地域横断的に復興住宅の姿を探ります。復興住宅を計画し、つくる人々「つくり手」、福祉・教育いった視点で復興住宅を支える人々「支え手」、地域として復興住宅とともに歩む人々「にない手」の3者の課題を突き合わせることで、地域や復興後の暮らしの課題を話し合います

復興住宅パネル展
5月10日[土]13:00 ─5月11日[日]18:00
復興住宅整備、住まい手支援に携わっているNPO、大学、団体などが、活動と成果をパネル展示・公開致します。



関連タグ:みやぎボイス 復興 

Posted at 13:35  パーマリンク

全 6 件中 6 〜 6 件目を表示 1, 2

« 前の5件