地域会ブログ

宮城地域会 > お知らせ

「震災復興シンポジウム みやぎボイス」報告書のご紹介

124567890

みやぎボイス2016報告書

みやぎボイス2016
― これまでの復興とこれからの社会
333人による一人称の復興史
― みやぎボイス2013-2016総括

2013年より開催された東日本大震災復興シンポジウム「みやぎボイス」の総括版です。



日本建築家協会東北支部宮城地域会が代表団体を務めるみやぎボイス連絡協議会では「震災復興シンポジウム みやぎボイス」の報告書を販売しています。
(発行済)
みやぎボイス2013 -地域とずっと一緒に考える復興まちづくり
みやぎボイス2014 -復興住宅のこえ
みやぎボイス2015 -復興で橋渡しするもの
みやぎボイス2016 -これまでの復興とこれからの社会

(発行予定)
みやぎボイス2017 -計画・制度とそこから零れ落ちるもの

購入をご希望される方はリンクの申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、宮城地域会事務局までメールもしくはFAXでお申し込み下さい。

お問合わせ先
公益社団法人日本建築家協会東北支部宮城地域会事務局
仙台市青葉区一番町4−1−1仙台セントラルビル4F
Phone: 022-225-1120
FAX : 022-213-2077



1234567890

みやぎボイス2013報告書

みやぎボイス2013 -地域とずっと一緒に考える復興まちづくり(主催:日本建築家協会東北支部)
2013年4月6日、7日
混乱する復興の現場から、被災者や現場に関わる地方行政官の声を集め、専門家とともに考える場作りとして始まったみやぎボイス2013の詳細な報告書。


1234567890

みやぎボイス2014報告書

みやぎボイス2014-復興住宅のこえ(主催:みやぎボイス連絡協議会)
2014年5月11日
被災者の住環境を中心に、計画中の災害公営住宅、高台移転の造成計画などを建築実務者、学識経験者、土木計画者などが集まって熱い議論を交わしたみやぎボイス2014の記録


1234567890

みやぎボイス2015報告書

みやぎボイス2015-復興で橋渡しするもの(主催:みやぎボイス連絡協議会)
2015年4月11日、12日
5年間という集中復興期間の終わりを見据え、福祉、みまもり、生業といった継続的な支援の在り方を、福祉の専門家や現場の声を交えて論じたみやぎボイス2015の記録


ファイルイメージ

購入申込書


関連タグ:みやぎボイス 復興 

Posted at 18:16  パーマリンク

宮城地域会 > お知らせ

「復興建築ツアーinみやぎ」のご案内

2011 年3 月、東日本大震災により壊滅的な被害を受けた東日本太平洋沿岸の多くの被災地が、震災後5 年目を迎えその復興の姿を徐々に表しています。
被災地はその地理的、社会的、また、原発等による物理的状況の違いにより、復興のかたちは極めて多様で、一言で表すことは困難です。「復興は進んでいる」「何も変わっていない」、被災地の実情を建築という専門分野で切り取ったツアーを企画いたします。復興事業の設計者、発注者など多様な現場の声を交えて、復興建築の現状、被災地の社会的課題、地域防災など多様な視点で復興の現場をめぐります。

※行程は天候その他の理由により予告なく変更することがあります。

主催:公益社団法人日本建築家協会東北支部宮城地域会
共催:みやぎボイス連絡協議会

■ スケジュール
2016年2月26日(金)-27日(土)
2 月26 日[金] 
10:15仙台駅集合 → 石巻市街地 → 女川 → 大川小学校・石巻半島部 → 仙台(宿泊)

2 月27 日[土]
8:30仙台 → 多賀城市・七ヶ浜町 → 岩沼市 → 名取市 → 仙台駅解散(連泊可能です)

※2 月28 日[日] みやぎボイス2016 せんだいメディアテーク 1F(参加は任意です)
■参加費
22,000 円/一人   限定100 名
費用に含まれるもの:26 日の宿泊、27 日の朝食、昼食、
ツアーバス、保険
仙台駅までの交通費は各自ご負担ください

※宿泊なしの場合  12000円/一人    
宿泊なしの場合はその旨を申込み書にご明記ください
費用に含まれるもの: 27 日昼食、ツアーバス、保険

 
※代金支払について
ツアー代金の支払い方法は申込いただいた方に別途お知らせいたします

※詳細は添付フライヤーをご覧ください

お問合わせ・お申し込み先:
(公社)日本建築家協会東北支部宮城地域会(JIA宮城)
             


ファイルイメージ


関連タグ:復興 

Posted at 16:30  パーマリンク

宮城地域会 > 事業報告

湊浜地区避難所 見学会

1月25日に七ヶ浜町湊浜地区避難所の見学会をJIA宮城主催で行いました。見学会には会員を中心に20人ほどの皆様にご参加いただきました。
建物の設計・監理はSOYsource建築設計事務所、設計協力PPDD一級建築士事務所です。設計者は2012年に簡易プロポーザルによって選定されました。


施設は地域の集会所機能をもつ避難所で一時避難場所を兼ねています。
七ヶ浜町はこうした地区避難所を町内全地区(8ヶ所)に整備予定で、本施設は3番目に完成した施設となります。


規模は木造平屋建て、延床面積270m2程度です。敷地は七ヶ浜町湊浜地区に隣接する空地を利用する形で計画され、今後は地区のイベント、盆踊りなどに活用される予定です。


ワークショップを重ね、地域の皆様とともに作り上げた集会施設です。
JIA 安田直民


関連タグ:集会所 避難所 復興 見学会 

Posted at 10:59  パーマリンク

宮城地域会 > 復興支援の取り組み

みやぎボイス2014「復興住宅のこえ」

平成26年5月10(土)13:00-18:00 5月11(日)10:00-18:00
会場  せんだいメディアテーク 1Fオープンスクエア
入場者数  シンポジウム参加者 203名  パネル展示見学者  200名

11日のシンポジウムでは、はじめに平野部、半島部、中心市街地の「今を知る」として現況を報告、それを受けて"平野部"では岩沼、東松島を、"半島部"では石巻市北上を、"中心市街地"では石巻市まち中を対象エリアとして3つのテーブルでファシリテーターの進行で、行政・学識者・計画者・NPO・住民などから構成された"つくり手"と"ささえ手"と"にない手"が、現状から将来に亘る時間軸を持った意見交換が繰り広げました。途中何度かコーディネーターが各テーブルの論点報告を行い、最後に数名の方からコメントを頂き、後日成果を報告書としてまとめることとして盛会裏に閉会しました。開催によって多くの情報・知見・課題を共有することができ、今後の復興・まちづくりに有用なシンポジウムとなりました。



関連タグ:みやぎボイス 復興 

Posted at 11:20  パーマリンク

宮城地域会 > 復興支援の取り組み

みやぎボイス2014 「復興住宅のこえ」

東日本大震災から3年、復興が本格化し、インフラ整備を中心に様々な事業が展開しています。
昨年の「みやぎボイス2013」からひき続き、被災地の人と専門家の連携から、共働・共創の復興を考える」という枠組みで、今回は“災害公営住宅”を中心に、“自立再建住宅”も含めた「住まいの再建から見る生活・暮らしの復興」をテーマに“みやぎボイス2014 復興住宅のこえ”を開催します。
住宅再建での課題・問題を共有し、改善・解決を目指した「復興住宅の姿」を共創するプラットフォームをめざします。

5月10日[土]─5月11日[日]
会場 せんだいメディアテーク1Fオープンスクエア

復興住宅の今を知る
5月11日[日]10:00 ─14:00
住まいの再興について特徴的な地域を抽出し、ジャンル横断的に課題・問題点を共有します。
復興を目指す半島部、平野部、中心市街地それぞれにおける特徴的な地域を取り出し、住まいの再建、まちづくりといった視点で、状況・課題の整理をおこないます。

復興住宅を共創する
5月11日[日]14:30 ─18:00
復興住宅に関わる3つの主体を取り上げ、それぞれの活動と課題を話し合い、地域横断的に復興住宅の姿を探ります。復興住宅を計画し、つくる人々「つくり手」、福祉・教育いった視点で復興住宅を支える人々「支え手」、地域として復興住宅とともに歩む人々「にない手」の3者の課題を突き合わせることで、地域や復興後の暮らしの課題を話し合います

復興住宅パネル展
5月10日[土]13:00 ─5月11日[日]18:00
復興住宅整備、住まい手支援に携わっているNPO、大学、団体などが、活動と成果をパネル展示・公開致します。



関連タグ:みやぎボイス 復興 

Posted at 13:35  パーマリンク

全 5 件中 1 〜 5 件目を表示