地域会ブログ

宮城地域会 > お知らせ

アーキテクツウィーク2017開催のお知らせ!


アーキテクツウィーク2017 AW2017 開催のお知らせ!

建築とまちづくりの視点から「 社会「」再生「」産業「」教育」を市民と共に考え発信する3日間 です。
主催:公益社団法人日本建築家協会 東北支部宮城地域会(JIA宮城)
開催日時:12月5日(火)〜12月7日(木)
会場:せんだいメディアテーク 
    1Fオープンスクエア及び7Fスタジオシアター
入場無料ですので是非遊びに来てください。
詳細スケジュールは以下の通りです。
12月5日(火)
会場:1Fオープンスクエア
12:00-12:40 つながる小道をデザインしよう! プレゼンテーション
13:00-17:45 これからの建築とまちづくりPART3
12月6日(水)
会場:1Fオープンスクエア
10:00-12:00
  宮城県CLT等普及推進協議会2017 報告会
13:00-14:00
  災害から命を守る最新エレベータの安全機能
14:00-17:00
  リノベコンペ
  ─金蛇水神社 参拝者休憩所リノベーション設計競技
17:00-19:30
  空き家・空き地コンペ報告会
  空き地・空き家問題への取り組み
会場:7Fスタジオシアター
13:00-15:00
  内装に於ける、江戸伊勢型紙Kioiの意匠と
  日本古来の素材・技術の融合
15:00-17:00
  講演会 Let's talk Architecture
     (建築の話をしましょう)
12月7日(木)
会場:1Fオープンスクエア
10:00-13:00
  アフターボイス2017
  ─みやぎボイス2017から見えたこと─
14:00-16:30
  建築学生 テクニカルセミナー2017
18:00-19:00
  JAZZ演奏会
詳しくはフライヤーをご覧ください。


ファイルイメージ

アーキテクツウィーク2017協賛企業一覧

昨年アーキテクツウィーク2016のダイジェストはこちら
昨年アーキテクツウィーク2016の設営風景はこちら


関連タグ:AW AW2017 コンペ リノベコンペ 講演会 

Posted at 21:46  パーマリンク

宮城地域会 > 事業報告

「これからの建築とまちづくりパート2」

日 時:2017年7月20日(木)13:15〜17:00
場 所:せんだいメディアテーク7F スタジオシアター
講 師:神田 順/松本 純一郎/三部 佳英
中居 浩二/橋本 有希
参加者:約100名

AW2016で開催した「これからの建築とまちづくり」は、一般の人達の目線を主に開催しましたが、今回開催した「パート2」は、専門家の皆様を対象に開催いたしました。

 開会に先立ち、前国土交通省大臣・馬淵澄夫衆議院議員、前国土交通省副大臣・土井亨衆議院議員のお二人に挨拶を頂きました。
 大臣時代に「建築基本法」に取り組んだ馬淵議員からは、司馬遼太郎の「街道をゆく 仙台編」を引用して「杜の都」の美しさの継承の大切さ、土井議員からは、「震災からの復興を機に地域の歴史や文化に根差し、後世に残せる建築・まちづくりの為に理念法としての基本法は必要。」と述べて頂きました。

 今回のシンポジウムは、「基調講演」「対談」「パネルディスカッション」の3部構成で開催しました。

 神田順会長は、「建築基本法制定に向けての最近の動向」という題で、2月の議員シンポジウムや、6月の議員による基本法制定にむけた勉強会のスタート等、松本純一郎会長は、「韓国建築基本法とJIAの取組」と題し、韓国建築基本法制定までの歴史、JIA素案の内容について等について、基調講演をしました。

 「対談」は、三部佳英氏の司会により「制定準備会」「JIAの素案」の比較表を基に神田会長、松本会長で対談が行われました。
 「美しいこと」を基本法の中に書くか、公共建築に住民の意見を反映した計画づくりの為に、仙台市庁舎の建て替えでシュミレーションしてみてはどうか、等の内容で対談しました。

 「パネルディスカッション」は、松本会長の司会で討論しました。
 三部佳英氏から震災復興における建築家の寄与の例の紹介、そして行政担当者の役割の大切さを指摘し、中居浩二氏からは、災害指定区域指定について建築家がどれだけ発言できたのかという反省が述べられました。橋本友希氏からは、「建築・まちづくりを文化に」を達成するには、関係者各位の責任を果たせる為の教育の問題についての話が有りました。
神田順会長からは、唐丹小白浜まちづくりセンターについて、PSATS機関紙の記事の紹介が有りました。

 最後に会場からも、建築と子ども教育の視点から建築を考える活動の事や、議員による勉強会において基本法制定準備会以外の関わりの必要性等について意見が出されました。
 
 終わりに、AW2017において「建築・まちづくり パート3」を開催することを告知し閉会しました。
閉会時点で、和田正宗参議院議員も参加し、基本法制定に向けて応援すると述べておりました。
 シンポジウム参加者92名ということで、市長選真只中の、熱い盛り上がった一日でした。



関連タグ:講演会 

Posted at 15:23  パーマリンク

宮城地域会 > 事業報告

「新人賞受賞講演」

日 時:2017年4月20日(木)15:00〜17:00
場 所:せんだいメディアテーク7F スタジオシアター
講 師:田村 裕希
参加者:約100名

2017年度も宮城地域会の総会後に、会員はもとより一般の学生の皆様にも多数参加して頂き「JIA新人賞受賞講演」を開催することが出来ました。

 2016年度JIA新人賞を受賞された一級建築士事務所・松岡聡・田村裕希の共同代表であります田村裕希氏をお招きして「敷地をつくる」という題目で講演をして頂き、受賞作品の「裏庭の家」や様々なプロジェクトを紹介頂きました。

 受賞作は、三方を駐車場に囲われた既存家屋の「裏庭」に新築されました。
30?の建築面積の1/3が南側駐車場に設けた部屋の一部としても使用できる円弧を描く階段と吹き抜けにより、開放的にシンプルな長方形プランの3階建てのフロワーと結ばれている住宅でした。

 どのプロジェクトを聞いても、建築物をその立地する街やエリア等の環境との交わりから捉えようとするテーマが浸透していたと感じました。
「実感できる広域を日常に取り組む」というキーワードが印象的でした。

 また、有名建築を建築物と敷地の関係を、多様な広がりで捉え読み解くことが出来る「天上の庭」や「建築の配置図集」という書籍の紹介もありました。

 プロジェクトの大小に関わらず、建築物を単体で捉えることなく、地域環境、地域コミュニティーの融合でなければならないと地域に根差すJIA宮城地域会会員一人ひとりに一石を閉じて頂いたことに感謝しております。



関連タグ:講演会 

Posted at 10:50  パーマリンク

宮城地域会 > お知らせ

「これからの建築とまちづくり パート2」シンポジウム

21 世紀は持続可能社会こそが求められます。そのためには―建築の理念―を、わかりやすく記す法律「建築基本法」を制定し、建物のライフサイクル全体に対応し、良好な建物・街並みの文化の形成を促すために、建築関係諸法の再編が必要です。今回は建築基本法制定準備会とJIA の建築基本法の考え方等を再認識し、理解を深めたいと思います。そして、豊かな社会を構築し、その次世代への建築資産の継承を図っていくべきものと考えます。

1.開催日  平成29年7月20日(木) 午後1時から午後5時
2.開催場所 せんだいメディアテーク 7Fスタジオシアター
3.開催内容 (別紙チラシのとおり) CPD単位 4.0

挨拶  衆議院議員 土井 亨 様
1)第一部 基調講演  午後1時15分から午後2時15分
テーマ1「建築基本法制定に向けて最近の動向」  
テーマ2「韓国建築基本法とJIAの取組み」

2)第二部 対談  午後2時20分から午後3時5分
テーマ「建築基本法が目指すもの、実現の仕組みを考える」

3)第三部 パネルディスカッション 午後3時10分から午後5時
「これからの建築とまちづくり」 震災復興でみえてきたこと

※入場無料
 どなたでもご参加いただけます。



ファイルイメージ

参加申込み書


関連タグ:講演会 

Posted at 11:32  パーマリンク

秋田地域会 > 事業案内

講演会 上野千鶴子「3.11以降の建築」

7 月の日本建築家協会講演会は、社会学者の上野千鶴子先生に東日本大震災以降の建築について語って頂きます。
一般市民の皆様にもぜひ聴いていただきたいと思いますのでふるってご参加ください。
2017 年7 月2 日(日)
会場 アルヴェ2 階「多目的ホール」
15:30受付開始
16:00-18:00 講演会「3 . 1 1 以後の建築」(入場無料)


関連タグ:講演会 

Posted at 19:55  パーマリンク

全 7 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2

次の2件 »