東北支部からのお知らせ 支部大会

9月30日_JIA東北支部大会2016岩手_大船渡市リアスホールにて開催します

東北支部が2年に一度開催している支部大会を、今年度は岩手県大船渡市リアスホールにて開催いたします。

開催テーマ「復興からまちづくりへ?これから私たちにできること」

入場無料です。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

主 旨:東日本大震災から5年。被災地はどこまで「復興」したのか?
被災地はその地理的、社会的、また被災状況の違いにより、一言では言い表せない状況にあります。 共に助け合い、豊かな社会を取り戻すための第一歩は、「見ること」「知ること」だと信じます。被災地を知り、被災者に寄り添い、要望を聞きながら様々な対応が求められています。そんな中で建築家に何ができ、「建築」が果たすべき役割は何か?被害の大きかった岩手県の南三陸より、これまで取り組んできた事例の紹介、葛藤、成果、そして反省点を伝え、現場の声を交えて今後につなげたいと思います。

開催日:2016年9月30日(金)
会 場:岩手県大船渡市 
    リアスホール(大船渡市民文化会館) 大船渡市盛町下舘下18-1
    <新井千秋都市建築設計(2009.日本建築大賞受賞)>
    マルチスペース(244席/246.05m2)
    会議室(復興展・協力会展示)
フ゜ロク゛ラム:
9月30日(金)マルチスペース
12:00から    受付開始
13:00から13:40 開会宣言・式典
         式典開会宣言/鈴木弘二支部長
         来賓挨拶/廣瀬公亮氏(岩手県建築住宅課総括課長)
              戸田公明氏(大船渡市長)
13:45から15:00 基調講演<福島、岩手での支援活動より>
       糸長浩司氏(日本大学教授/環境建築学・都市農村計画)
15:10から16:40 ハ゜ネルテ゛ィスカッション  
  <被災三県の取り組みと活動報告泊地区高台移転の取り組み報告>
  ハ゜ネラー 六本木久志/岩手、鈴木弘二/宮城、辺見美津男/福島
     糸長浩司氏、佐藤隆雄氏、大和田東江氏
  コーテ゛ィネーター/松本純一郎(災害対策・復興支援委員長)
 
16:40から16:50 質疑応答
16:50から17:00 式典閉会挨拶

  会議室:展示スペース 13:00から16:00
  三県(福島・宮城・岩手)の復興支援活動(震災直後から現在)
  パネル展、協力会活動紹介展示

主催:公益社団法人 日本建築家協会 東北支部
後援:岩手県、大船渡市、(一社)岩手県建築士会、(一社)岩手県建築士事務所協会、(一社)日本建築学会東北支部、岩手日報社、建設新聞社、東北専門新聞連盟.NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、岩手めんこいテレビ、岩手朝日テレビ


関連タグ:支部大会 

Posted by 日本建築家協会東北支部 at 13:57  パーマリンク

JIA東北支部大会2016岩手_大船渡リアスホールにて開催します

(公社)日本建築家協会(JIA)東北支部建築家大会2016岩手
「復興からまちづくりへ?これから私たちにできること」

入場無料です。どうぞおいでください。

主 旨:東日本大震災から5年。被災地はどこまで「復興」したのか?
被災地はその地理的、社会的、また被災状況の違いにより、一言では言い表せない状況にあります。 共に助け合い、豊かな社会を取り戻すための第一歩は、「見ること」「知ること」だと信じます。被災地を知り、被災者に寄り添い、要望を聞きながら様々な対応が求められています。そんな中で建築家に何ができ、「建築」が果たすべき役割は何か?被害の大きかった岩手県の南三陸より、これまで取り組んできた事例の紹介、葛藤、成果、そして反省点を伝え、現場の声を交えて今後につなげたいと思います。

開催日:2016年9月30日(金)
会 場:岩手県大船渡市 
    リアスホール(大船渡市民文化会館) 大船渡市盛町下舘下18-1
    <新井千秋都市建築設計(2009.日本建築大賞受賞)>
    マルチスペース(244席/246.05m2)
    会議室(復興展・協力会展示)
フ゜ロク゛ラム:
9月30日(金)マルチスペース
12:00から    受付開始
13:00から13:40 開会宣言・式典
         式典開会宣言/鈴木弘二支部長
         来賓挨拶/廣瀬公亮氏(岩手県建築住宅課総括課長)
              戸田公明氏(大船渡市長)
13:45から15:00 基調講演<福島、岩手での支援活動より>
       糸長浩司氏(日本大学教授/環境建築学・都市農村計画)
15:10から16:40 ハ゜ネルテ゛ィスカッション  
  <被災三県の取り組みと活動報告泊地区高台移転の取り組み報告>
  ハ゜ネラー 六本木久志/岩手、鈴木弘二/宮城、辺見美津男/福島
     糸長浩司氏、佐藤隆雄氏、大和田東江氏
  コーテ゛ィネーター/松本純一郎(災害対策・復興支援委員長)
 
16:40から16:50 質疑応答
16:50から17:00 式典閉会挨拶

  会議室:展示スペース
  三県(福島・宮城・岩手)の復興支援活動(震災直後から現在)
  パネル展、協力会活動紹介展示

主催:公益社団法人 日本建築家協会 東北支部
後援:岩手県、大船渡市、(一社)岩手県建築士会、(一社)岩手県建築士事務所協会、(一社)日本建築学会東北支部、岩手日報社、建設新聞社、東北専門新聞連盟.NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、岩手めんこいテレビ、岩手朝日テレビ


関連タグ:支部大会 

Posted by 日本建築家協会東北支部 at 10:14  パーマリンク

11月8日メインイベント開催        「日本建築家協会東北支部建築家大会2014福島」

※11月8日(土)のイベントは
全て入場無料・どなたでもお越しいただけます。この機会に是非お立ち寄りください




<公益社団法人 
 日本建築家協会東北支部建築家大会2014福島>

主催 公益社団法人 日本建築家協会(JIA)東北支部
後援 復興庁.福島市.福島大学.日本大学工学部.郡山女子大学.
   (一社)日本建築学会東北支部.(公社)福島県建築士会.
   (一社)福島県建築士事務所協会.NHK福島放送局.
   福島テレビ(株).(株)テレビユー福島.(株)福島中央テレビ.
   福島放送.福島民報社.福島民友新聞社.東北専門新聞連盟
対象 一般市民、学生、JIA会員
開催日 2014年11月8日(土)
会場  8日:福島県教育会館(福島市上浜町10-38)

テーマ 『あとから来る者のために』 
■スケジュール
11/8(土)
9:30〜12:00 JIA東北支部協力会セミナー 大ホール
10:00〜12:00 フレッシュマンセミナー 第2会議室
12:00〜13:00 昼食(弁当+飲み物) 大ホール
13:00〜13:10 シンポジウム開会式 大ホール
13:10〜14:30 建築家 内藤廣 基調講演 『3月11日以降』
14:40〜16:00 パネルディスカッション
16:00〜16:10 シンポジウム閉会式

9:30〜16:00 JIA東北支部協力会企画展示  ギャラリー
JIA東北支部復興活動展示   第1会議室
     『フクシマを変える建築』パネル・模型展
 "隈 研吾+東 浩紀(東京大学設計課題)
         東京大学+日本大学工学部"


関連タグ:支部大会 

Posted by 日本建築家協会東北支部 at 09:36  パーマリンク

10月15日まで登録お申し込みください    「JIA東北支部建築家大会2014福島」

※視察に関しての手続き上、参加登録のお申込は10月15日(水)までの受け付けとなります。短い期間の募集となりますが、何卒ご理解の上、期日までお申込くださいますようお願い申し上げます。
添付の登録申込書をお使いください

<公益社団法人 
 日本建築家協会東北支部建築家大会2014福島>

■大会要旨
公益社団法人 日本建築家協会(JIA)
東北支部大会実行委員長 阿部 直人

3.11東日本大震災は、地球に生きる人間に甚大な被害をもたすと同時に大きな問いかけを残した。
3年半の月日はどう生きるかの選択と混迷する原発事故の根深さを伝える事に費やされたように思える。そして、故郷に帰れない方々の話に耳を傾けるほどに、自身の無力さに対するやるせなさが込上げる。
福島で起きた事を新聞やTV 報道ではなく、自分の目で見て立止まって考えてほしい、いまだに震災の後片付けが進まない相双地区の様子を、人が住めなくなった町を、進歩や発展を優先した社会が見落としたものと見ないようにしてきたことを、震災の大きな教訓を活かしながら社会使命を具現化していかなければならない建築家の役割と大きな責任を。
建築家は「何が必要で、何ができて、何をすべきか」を真剣に考え、目の前にある復興とこれからどういう社会をつくっていくのかという重要な命題に取り組まなければならない。
すべての命あるものには「未来に命をつなぐ」という使命がある。この大会が被災を受けた人々だけでなく、地球上に暮らす人間が自分たちの未来を、そしてあとから来る者のために何を残すのかを改めて考える大きな契機となることを望む。

■2014東北支部福島大会
主催 公益社団法人 日本建築家協会(JIA)東北支部
後援 復興庁.福島市.福島大学.日本大学工学部.郡山女子大学.
   (一社)日本建築学会東北支部.(公社)福島県建築士会.
   (一社)福島県建築士事務所協会.NHK福島放送局.
   福島テレビ(株).(株)テレビユー福島.(株)福島中央テレビ.
   福島放送.福島民報社.福島民友新聞社.東北専門新聞連盟
対象 一般市民、学生、JIA会員
日時 2014年11月7日(金)、8日(土)
会場 7日・・・相双地区の現状視察・土湯温泉 山水荘
   8日・・・福島県教育会館(福島市上浜町10-38)

テーマ 『あとから来る者のために』 
■スケジュール
11/7(金)
9:00〜18:00 被災地視察(昼食付) 第1便(福島駅西口集合)
        ※定員80名
11:00〜18:00 被災地視察(昼食付) 第2便(郡山駅東口集合)
19:00〜20:30 懇親会(土湯温泉 山水荘:一泊二食付)
21:00〜 勉強会(夜学:東大生+日大工学部生
            発表 & ディスカッション)

11/8(土)
9:30〜12:00 JIA東北支部協力会セミナー 大ホール
10:00〜12:00 フレッシュマンセミナー 第2会議室
12:00〜13:00 昼食(弁当+飲み物) 大ホール
13:00〜13:10 シンポジウム開会式 大ホール
13:10〜14:30 建築家 内藤廣 基調講演 『3月11日以降』
14:40〜16:00 パネルディスカッション
16:00〜16:10 シンポジウム閉会式

9:30〜16:00 JIA東北支部協力会企画展示  ギャラリー
JIA東北支部復興活動展示
    『フクシマを変える建築』パネル・模型展 
         第1会議室
 "隈 研吾+東 浩紀(東京大学設計課題)
         東京大学+日本大学工学部"

JIA東北支部大会2014福島登録申込書ダウンロード


ファイルイメージ
ファイルイメージ

関連タグ:支部大会 

Posted by 日本建築家協会東北支部 at 13:57  パーマリンク

「JIA東北支部建築家大会2014福島」          11月7日、8日開催

※参加登録のお申込は10月6日より開始いたします。
いま暫くお待ちください。

<2014年度JIA東北支部大会要旨>

公益社団法人 日本建築家協会(JIA)
東北支部大会実行委員長 阿部 直人

3.11東日本大震災は、地球に生きる人間に甚大な被害をもたすと同時に大きな問いかけを残した。
3年半の月日はどう生きるかの選択と混迷する原発事故の根深さを伝える事に費やされたように思える。そして、故郷に帰れない方々の話に耳を傾けるほどに、自身の無力さに対するやるせなさが込上げる。
福島で起きた事を新聞やTV 報道ではなく、自分の目で見て立止まって考えてほしい、いまだに震災の後片付けが進まない相双地区の様子を、人が住めなくなった町を、進歩や発展を優先した社会が見落としたものと見ないようにしてきたことを、震災の大きな教訓を活かしながら社会使命を具現化していかなければならない建築家の役割と大きな責任を。
建築家は「何が必要で、何ができて、何をすべきか」を真剣に考え、目の前にある復興とこれからどういう社会をつくっていくのかという重要な命題に取り組まなければならない。
すべての命あるものには「未来に命をつなぐ」という使命がある。この大会が被災を受けた人々だけでなく、地球上に暮らす人間が自分たちの未来を、そしてあとから来る者のために何を残すのかを改めて考える大きな契機となることを望む。

■2014東北支部福島大会
主催 公益社団法人 日本建築家協会(JIA)東北支部
後援 復興庁.福島市.福島大学.日本大学工学部.郡山女子大学.
   (一社)日本建築学会東北支部.(公社)福島県建築士会.
   (一社)福島県建築士事務所協会.NHK福島放送局.
   福島テレビ(株).(株)テレビユー福島.(株)福島中央テレビ.
   福島放送.福島民報社.福島民友新聞社.東北専門新聞連盟
対象 一般市民、学生、JIA会員
日時 2014年11月7日(金)、8日(土)
会場 7日・・・相双地区の現状視察・土湯温泉 山水荘
   8日・・・福島県教育会館(福島市上浜町10-38)
テーマ 『あとから来る者のために』 
プログラム
■相双地区の現状視察(会員向け)
11月7日(金) 
9:00福島駅西口集合)9:15出発
帰宅困難地域内及び津波被災地視察
■意見交換会(7日現状視察終了後 土湯温泉)

11月8日(土) 福島市教育会館
■JIA東北支部協力会セミナー9:30から
■大会シンポジウム
13:00 開会
13:10 内藤廣氏 基調講演 『3月11日以降』
14:40 ゲスト・会員・会場にお越しの一般市民の皆さんが参加する
    パネルディスカッション
■ギャラリー 企画展示
・JIA東北支部協力会企画展示
・JIA東北支部復興活動展示
・『フクシマを変える建築』隈研吾氏+東浩紀氏(東京大学設計課題)
 東京大学+日本大学工学部


関連タグ:支部大会 

Posted by 日本建築家協会東北支部 at 11:52  パーマリンク

全 6 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2

次の1件 »