東北支部からのお知らせ 支部大会

JIA東北支部大会2016岩手_大船渡リアスホールにて開催します

(公社)日本建築家協会(JIA)東北支部建築家大会2016岩手
「復興からまちづくりへ?これから私たちにできること」

入場無料です。どうぞおいでください。

主 旨:東日本大震災から5年。被災地はどこまで「復興」したのか?
被災地はその地理的、社会的、また被災状況の違いにより、一言では言い表せない状況にあります。 共に助け合い、豊かな社会を取り戻すための第一歩は、「見ること」「知ること」だと信じます。被災地を知り、被災者に寄り添い、要望を聞きながら様々な対応が求められています。そんな中で建築家に何ができ、「建築」が果たすべき役割は何か?被害の大きかった岩手県の南三陸より、これまで取り組んできた事例の紹介、葛藤、成果、そして反省点を伝え、現場の声を交えて今後につなげたいと思います。

開催日:2016年9月30日(金)
会 場:岩手県大船渡市 
    リアスホール(大船渡市民文化会館) 大船渡市盛町下舘下18-1
    <新井千秋都市建築設計(2009.日本建築大賞受賞)>
    マルチスペース(244席/246.05m2)
    会議室(復興展・協力会展示)
フ゜ロク゛ラム:
9月30日(金)マルチスペース
12:00から    受付開始
13:00から13:40 開会宣言・式典
         式典開会宣言/鈴木弘二支部長
         来賓挨拶/廣瀬公亮氏(岩手県建築住宅課総括課長)
              戸田公明氏(大船渡市長)
13:45から15:00 基調講演<福島、岩手での支援活動より>
       糸長浩司氏(日本大学教授/環境建築学・都市農村計画)
15:10から16:40 ハ゜ネルテ゛ィスカッション  
  <被災三県の取り組みと活動報告泊地区高台移転の取り組み報告>
  ハ゜ネラー 六本木久志/岩手、鈴木弘二/宮城、辺見美津男/福島
     糸長浩司氏、佐藤隆雄氏、大和田東江氏
  コーテ゛ィネーター/松本純一郎(災害対策・復興支援委員長)
 
16:40から16:50 質疑応答
16:50から17:00 式典閉会挨拶

  会議室:展示スペース
  三県(福島・宮城・岩手)の復興支援活動(震災直後から現在)
  パネル展、協力会活動紹介展示

主催:公益社団法人 日本建築家協会 東北支部
後援:岩手県、大船渡市、(一社)岩手県建築士会、(一社)岩手県建築士事務所協会、(一社)日本建築学会東北支部、岩手日報社、建設新聞社、東北専門新聞連盟.NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、岩手めんこいテレビ、岩手朝日テレビ


関連タグ:支部大会 

Posted by 日本建築家協会東北支部 at 10:14  パーマリンク