東北支部からのお知らせ 事務局より

卒業設計コンクール支部審査会結果について

4月11日(土)に開催いたしました
JIA全国学生卒業設計コンクール2015東北支部審査会の
審査結果と経過については以下の通りです

新年度が始まって間もない時期の開催にもかかわらず、
参加を戴けましたこと、心より感謝申し上げます。

審査会は、2015年4月11日(土)9:30より、
せんだいメディアテーク7階会議室a・bにおいて開催されました。

審査員は、JIA東北支部を構成する各地域会より、
地域会長もしくは地域会長予定者がつとめました。
進藤 勝人/青森地域会、花田 順/秋田地域会、
近谷 宅美/岩手地域会、安達 揚一/宮城地域会、
本間 弘/山形地域会、阿部 直人/福島地域会

また審査員長は、東北支部長である辺見美津男(福島地域会)がつとめました。司会・進行は東北支部事業委員長の櫻井一弥(宮城地域会)、また運営全般を卒業設計コンクール実行委員である星野明(宮城地域会)が担当しました。

支部長挨拶の後、審査についての説明を行いました。
審査員長を含めた審査員7名を各作品にそれぞれ割り当て、担当作品を深く読み込む時間を設けました。

出展者の皆さんには、約10分間担当委員に対して詳しく個別に説明して戴きました。その後、発表4分質疑応答5分の持ち時間で、各作品をプレゼンテーションして戴きました。質疑応答の時間には、各作品の担当委員より、補足や作品の魅力に関する客観的な意見などを出してもらうことができ、短時間の発表では読み込めない部分を補完することが可能となりました。

全作品のプレゼンテーション終了後、再度各作品を一通り見返す時間を設けました。その後投票へと移り、東北支部から全国へ出展する2作品を決定することとなりました。
投票は審査員一人2票を持ち票とする挙手による投票を行い、No.2が6票、No.5が5票を獲得しました。審査員長から審査員に対して、
この結果に関する異議や意見を問いましたが、特に意見は出されなかったため、得票通りに東北支部選出の2作品として確定しました。

ご出展戴きました出展者の皆様、ご指導戴きました各教育機関の教員の皆様をはじめとして、関係した全ての皆様に感謝申し上げますとともに、選出されました2名の出展者の方々の全国コンクールにおけるご健闘を心より祈念いたします。

JIA東北支部事業委員長  櫻井 一弥

本選進出者(敬称略)
No.2 東北大学工学部 建築・社会環境工学科 佐々木 瞭
   Revivalscape  
NO.5 日本大学工学部・建築学科  中島 希
   見えない囲い 施設の面的解体


ファイルイメージ

卒コン2015支部審査会結果


関連タグ:卒業設計コンクール 

Posted by 日本建築家協会東北支部 at 12:04  パーマリンク