JIA 公益社団法人 日本建築家協会東北支部 The Japan Institute of Architects Tohoku Chapter

「東北支部」ニュース

東日本大震災復興ツアー「繋ぐ」催行のお知らせ

昨年度予告した東日本大震災復興ツアー「東日本大震災から10年 繋ぐ 被災した岩手、宮城、福島の10年後の今」は、新型コロナウイルスにより延期されていましたが、いよいよ2022年にJIA東北支部「東日本大震災から10年企画」のメインイベントとして実施することとなりました。震災から11年、復興はどのように進み、また地域はどのように変わってきたのか。岩手県沿岸の陸前高田市、宮城県の気仙沼、南三陸、石巻をめぐり、高台移転をした集落の当事者の声を聞き、高台造成や防潮堤などの復興事業や復興祈念公園、復興建築などの建物をめぐり、10年前の被災地の今を知るツアーです。

<当ツアーへの参加条件は以下の通りです。ご承諾の上、お申込みください。>

■福島第一原発視察を含むため、参加申込は日本建築家協会の会員及びその同行者で身分照会が可能な方になります。

■お住まい地域より、8/31出発地_仙台駅までの往路、9/2到着地(郡山駅、仙台駅)から帰路の旅費交通手配等は、各自で行ってください。

■新型コロナウイルス感染症に係る参加条件
ツアー参加いただくために、バス搭乗前、PCR検査もしくは抗原検査における出発3日以内の陰性の検査結果証明書をご提示いただきます。ご準備お忘れなくお願いいたします。

また、証明書があっても当日、以下の項目に該当する方はご参加いただけません。
[1]過去72時間(3日間)以内から現在までに下記(1)~(4)を含む体調不良のある方
(1)体温37.5℃以上、(2)強い倦怠感、(3)感冒様症状(咳、咽頭痛、息苦しさ等)、(4)味覚・嗅覚異常などの異変がある
[2]PCR等検査陽性歴があり行動制限の解除がされていない方
[3]濃厚接触者として自宅等に待機中
[4]国交省で示した入国後の自宅待機期間を経過していない者
[5]マスク非着用の方

ツアー参加中に体調を崩された場合、抗原検査キットにて検査をさせていただき、陽性であればツアーには同行いただけません。ツアー申込みキャンセル期間を過ぎますと上記の理由で参加できない場合、途中離脱になっても返金に応じられませんので、くれぐれも体調管理いただけますようお願い申し上げます。

■福島第一原発ツアー参加条件
新型コロナウイルスの感染対策に係る条件に加え、妊娠中の方は、視察いただけません。また、放射線量が高い区域(300μSv/h程度)を通過することなど、予めご承知おきいただくことがあります。別紙を「ご視察に当たっての注意事項」ご一読いただいた上で参加申込みをお願いします。
●ご視察に当たっての注意事項
●【新型コロナウイルスの感染対策】新しい生活様式に移行したご視察について

事前確認事項
6ヶ月以内に放射線治療(RI投与等)をした方の有無
ご視察の上で配慮が必要な持病、身体的障害をお持ちの方は、支障のない範囲で事前にご連絡ください。(ペースメーカー等)
ご視察者全員へ新型コロナウイルス感染対策の確認結果

万一の場合には、可能な範囲で応急処置やサポートをさせて頂きますが、廃炉作業の現場であることをご理解の上、最終的にはご自身の責任で対処して頂く必要がございますのでご了承ください。

旅行申込・お支払い等お手続きは、日本旅行のサイトへのリンクをご案内いたします。必ず事前に旅行条件書をお読みいただいた上で予約をお願いいたします。
日本旅行のサイトで表示される『旅行条件書』をクリックし、表示されたページを保存してください。
郵送による交付を希望する場合は、取扱店舗にご連絡くださいますようよろしくお願いいたします。

参加される方はこちらからお申込みください(日本旅行の申し込みサイトへジャンプします)。

東日本大震災から10年 メインイベントフライヤー
220616fukko_10_flyer01s